スマホ老眼とは

スマホ老眼とは

 

老眼と言う言葉は聞いたことがあると思います。
近いところが見えにくくなる症状で、名前の通り加齢が原因で
50代・60代以上、早くても40代から起きるのが一般的です。

 

スマホ老眼とは、老眼と同じ症状が若い20代・30代に起きてしまうことを言います

 

老眼とスマホ老眼の違い

老眼と呼ばれるのは、加齢によって目のピント調節機能が衰えてしまい、近くの物にピントが合いにくくぼやけてしまう状態のこと。
遠視とは違うの?と考えがちですが、近視や遠視と言うのは、眼軸の長さと角膜や水晶体の屈折力が関わる屈折異常が原因となるもので、ピント調節ができなくなってしまっている老眼とは原因が異なる症状。

 

スマホ老眼の症状

スマホ老眼は、近距離のスマホ画面を見続ける事によって眼の筋肉が緊張する状態になってしまい、老眼と同じように目のピント調節機能が利かなくなってしまった状態。

 

慢性的というよりは、長時間見続けた後に一時的に起こる症状ですが、日常的にスマホを診続けている場合には、一時的だったものが慢性化してしまう、非常にやっかいな症状です
小さい字を見る時には、少し離すと見えやすくなると言った症状が起こります。
また、明るいところでは見えるのに、薄暗いと見えにくいと言う特徴もあります。

 

スマホ老眼の予防・改善

スマホ老眼を予防や改善するには、なんと言っても目を酷使するのを辞めると言う事になります。
パソコンをスマホを使わない!それが一番ですが、正直無理だと思います。

 

なので、お仕事などでパソコンを使う場合には、1時間に1回休憩して遠くを眺めるなどする。
目をつぶって、眼球運動をする。
目の上にほっとタオルを置いて温めるなどが効果的です

 

また、目の疲労を改善する栄養としてルテインやアントシアニンと言う成分があるので積極的に摂取するのがおすすめです
食品で言うと、ブルーベリーが有名ですね
最近は、ルテインサプリなども多く発売されているので試してみるのも良いかもしれません