LEDのブルーライトが肩こりの原因?目の疲れにはブルーライトカットが効果的

LEDのブルーライトが肩こりの原因?目の疲れにはブルーライトカットが効果的

 

LEDライトのブルーライトが目の疲労を引き起こす?

目の疲れに影響される肩こりというものは画面からの光においても関係を持っています
肩こりがひどく辛く感じるあなたはひょっとしたらの疲労が原因かもしれません。

 

また、偏頭痛などの慢性的な頭痛も実は、目の疲れからくる肩こりが原因と言う場合も多くあります。

 

肩こりや目の疲労の原因がパソコンやスマホの画面を見ると気づいているかもしれませんが、現代のライフスタイルでは、パソコンやスマホを見ないようにするという選択肢は難しいですよね?

 

なぜ?パソコンやスマホが眼精疲労につながるのか?

眼精疲労や肩こり、頭痛の原因にもなる、パソコンやスマートフォンですが、なにが悪い影響を与えるのでしょうか?
実は、それぞれの画面に使われているLED画面から出る光(ブルーライト)が影響しています。

 

最近では、PC用めがねなども発売されて、ブルーライト90%カットとか聞いたことあるかなと思います
ブルーライトを遮断する商品が人気となっています。商品がこれだけ発売されているということは、あなたと同じように目の疲れ、頭痛、肩こりに悩んでいる人が急増しているということです。

 

現代病と言っても過言では、ありません。

 

ブルーライトって何?

ブルーライト対策グッズがたくさん店頭に並ぶようになりブルーライトというワードをよく聞くようになったと思います。ブルーライトが目に悪影響である、という感覚はなんとなくあっても、ブルーライトがなんなのかを理解していない人もいらっしゃるでしょう。ブルーライトというのは、目に映る光(可視光線といいます)に関しても、380~495nm(ナノメートル)の波長の青色光だそうです。

 

それに見合うパワーはずいぶん大きいから、目の奥にある網膜に至るまでわたり、近い将来網膜の疾患に響く心配がされています。ブルーライトについてはLED液晶を基点として出ているから、我々の生活パターンの中でも接触する機会が過多になってしまいます。

 

 

眼精疲労と肩こりの関係は?

 

 

ブルーライトということ申し上げるよりも前に、ブルーライトのような光から目を防御し目の疲れを阻止することが、肩こりのトラブルの誘発や悪化防止としてもなり得ると考えられる裏付けに関して考えてみましょう。なにより、自律神経系の乱れをガード可能だということが大きいです。

 

目の不調を抱えた状態で、仕事でパソコンを使い続けることは、パソコン作業自体もストレスを感じてしまい、ストレスが自律神経系を乱す原因を作ってしまいます。目の不快感があると集中して仕事ができなくなりストレスになり、緊張状態で肩こりをひきおこしてしまいます。